076-245-2565

ブログBlog

Blog

076-245-2565

営業時間

午前  9:00~12:00
午後15:00~18:30

(18:30からは要予約)

土曜日9:00~14:00

定休日

 

日曜・祝日

 

Home > ブログ > 歯の欠損は頸椎の角度に影響し様々な機能低下を引き起こす可能性がある。

ブログ

歯の欠損は頸椎の角度に影響し様々な機能低下を引き起こす可能性がある。

Effects of unilateral posterior missing-teeth on the temporomandibular joint and the alignment of cervical atlas

片側後方欠損歯の顎関節と第一頸椎の角度に与える影響

という文献を見つけました。

とても興味深い内容でした。

今回はこの研究の内容を一部抜粋して、私なりの考えを添えます。

翻訳はgoogleを使用しているので多少理解しづらいかもしれませんがご容赦ください。

目次

下顎骨の関節突起のなす傾斜

”人体では、身体の咬合、頭蓋仙骨系、機能系が動的なバランスで深く絡み合っています。時間的な下顎関節(TMJ)は、人体の中で最も複雑な関節の一つである[ 1、2 ]。これは、複雑な神経筋系によって調和的に制御される滑膜性滑膜性歯肉関節です[ 3]。解剖学的に、顎関節は側頭骨の扁平部の下面、つまり関節窩にあります。関節円板は、関節窩を上関節窩と下関節窩に分離します。下顎関節腔に位置する下顎頭は、口の開閉、突出と後退、交互の横方向の動きを達成し、顎のバランスを提供する可能性があります[ 4 ]。関節突起(AE)の傾斜は、TMJの経路を調整します。歯の解剖学的構造および力学の任意の変換は比較的体内に頭蓋仙骨システムおよび他の機能システムを変更する[します2、4 ]。”

関節突起の傾斜はTMJの関節の広さに影響します。欠損歯があることでこの傾斜が浅く(小さく)なり、筋骨格系に影響するようです。

上部頸椎の問題は顎関節、顔面骨にも影響する

”AEの変化はTMJの問題に関連しています[ 7 ]。頭蓋頸部の姿勢は、頭蓋顔面構造と顎関節機能障害の重要な要因です[ 8 ]。下顎の前進を評価するために頭頸部角度が採用されました。頭頸部の角形成の増加は、TMJの可動性の低下と関連しています[ 9 ]。研究により、頭蓋頸椎の角形成や第1頸椎(C1)と第2頸椎(C2)の姿勢異常などの頭蓋頸部の姿勢が、TMJの機能障害に関連している可能性があることが明らかになりました。 [ 10]。 C1は後頭顆の関節面に位置し、環椎後頭関節で頭蓋骨に結合します。それは、頭の姿勢の発達における顎の力学にとって不可欠な役割を示唆しています。 C1とC2の姿勢を乱すことは、非公式に脊髄と頭の姿勢の異常に似ています。神経学的な安定は、TMJ機能障害に従うことができる[ 9 - 11 ]”

TMJ機能障害による頭の位置の変化、すなわち環軸関節の位置異常による頭部の傾きや回旋は、顔面骨の発達にも影響します。また神経系の安定した働きも阻害するかもしれません。

結論と考察

”私たちの研究では、歯が1本欠けている人はAE傾斜角が減少している可能性があることが示されました。単一部分の欠損歯は、頭蓋頸部の角度を減少させ、C1-C2交差点からの咬合平面のより多くの偏差を引き起こす可能性があります。それはC1とC2の不穏な姿勢を引き起こします。これらの変化は、TMJの生体力学的または生理学的発達のバランスに影響を与える可能性があります。”

角度分析の詳細は本文を参照していただければと思います。
この研究の面白かったのは、下顎骨の関節突起の角度が頭頚部の角度を減少させることです。
また逆パターンもあるのではないでしょうか。頭頚部の角度が減少する(下向き姿勢)に伴い下顎の関節突起の角度が減少し、歯牙にストレスを与え続ける・・。
また頸椎の角度の減少が顔面骨の発達を抑制するというのも大変勉強になりました。

シェアするShare

ブログ一覧